Loading...
“ASICS RUNNING ANALYZER” ランニングフォーム分析アプリ開発 2018-08-08T12:56:10+00:00

プロジェクト名:“ASICS RUNNING ANALYZER” ランニングフォーム分析アプリ開発

プロジェクト概要:
アシックス スポーツ工学研究所が保有する技術を活用した、ランニングフォーム分析アプリの開発を行いました。

このアプリは、2018年2月開催の日本最大級のマラソン大会EXPOに、アシックス展示ブースにて展示・紹介されました。 来場者にトレッドミルの上で走っていただき、その様子を iPad を使って動画撮影します。

撮影した動画をアプリから分析サーバにアップロードし、数秒で分析結果を取得、その内容をアプリで確認できます。撮影したランニング動画から分析されたストライド長、上下動、腕振り幅、前傾角などを動画にオーバーレイしてグラフィカルに表示することで、その人のランニングフォームの傾向を明確にします。ランニングフォームの分析処理は、アシックス スポーツ工学研究所が独自に開発したAI技術を導入しています。

本アプリがアシックス店舗向けに「ASICS RUNNING ANALYZER(アシックスランニングアナライザー)」として生まれ変わり、2018年7月に東京丸の内にオープンするアシックス総合型ストア「ASICS RUN TOKYO MARUNOUCHI(アシックスラン東京丸の内)」に導入されることになりました!

アシックス公式サイト プレスリリース:「 ランステーションやカフェなどを併設した総合型ストアが 7月7日にオープン! ASICS RUN TOKYO MARUNOUCHIの概要について

 

期間:2017.12.11 – 2018.02.24

担当領域:プロジェクト管理,仕様策定,機能設計,UX/UIデザイン,実装,テスト

 

クライアント:株式会社アシックス

URL:https://corp.asics.com/jp

runninganalyzer
runninganalyzer
runninganalyzer

課題

課題

runninganalyzer
  • 誰でも簡単に操作できるUI/UXデザインの実現

  • 来場者が SNS で簡単に拡散する手段に悩んでいた

施策

施策

runninganalyzer
  • シンプルなインタフェースの追及

  • 撮影したランニング動画から画像を切り出し、サーバ経由で来場者がダウンロード、自由にSNS共有ができるよう設計

クライアント様から

プロジェクトを担当した、株式会社アシックス デジタルR&D部の廣澤聖士( ひろさわ せいじ )さん に本プロジェクトについてお話をお伺いしました。

弊社を初めて知ったきっかけ

上長が以前にお仕事をご一緒したことがあり、その際の評価が良かったのと、本件の課題に対して相談に乗っていただいたことが本プロジェクトに参画いただくきっかけです。

asics

今回弊社に依頼した理由

本プロジェクトを行うにあたり、弊社にはデジタルサービスのUI/UXに関しての知見とリソースが足りないという課題がありました。その点に関してイノベーションプラスさんは十分な開発実績があり、プロフェッショナルであることから、お願いすることにしました。 また、お客様と同じ視点で、更に、私達と異なった視座・視野で、具体的な提案をどんどんしていただけるので、とても安心してお願いできています。

プロジェクトで大変だった点

プロジェクトマネジメントが私の仕事ですが、プロジェクトの進め方やエンジニアとのコミュニケーションに若干の課題を感じていました。しかし、その不安も解消されるくらいイノベーションプラスさんにサポートしていただけたので円滑に進めることができました。

プロジェクトを通して弊社に依頼して良かったところ

世界中のASICS STOREで展開するという大きな目標のなか、依頼通りの開発だけではなく、プロジェクトを円滑に進められるよう提案をしていただきました。また、目標達成のために親身になっていただけたので依頼して良かったと感じています。

その後、まずは有効性検証として日本最大級のマラソン大会EXPOに出展し、多くのユーザにお試しいただきました。 ユーザからの好印象なご評価をいただき、さらに、弊社スタッフからも非常に高い評価をいただけましたので、ASICS STORE展開が決定しました。

第一号店舗として、2018年7月7日に新規オープンしました「ASICS RUN TOKYO MARUNOUCHI」で提供を開始でき、これを機に世界中のユーザに体験いただきたいです。

asics