INNOVATION PLUS

2021-08-11

Innovation Platformを使った「ポルテロサービス」、長野県庁で記者発表

Innovation Platform(イノベーションプラットフォーム)はSaaS事業を新規事業として興したい企業でクラウド技術者がいなくても、さまざまな業界に特化したバーティカルSaaS事業基盤を開発でき、事業のIT化、非対面化でのサービス提供を実現できるクラウドプラットフォームです。

このInnovation Platformを使って開発された「ポルテロサービス」が、このたび長野県庁で記者発表を行いましたので、ご報告させていただきます。

新規SaaS事業を低コストで、早く、簡単にサービス化を実現

イノベーションプラスではこれまで長年に渡り、さまざまなクライアントに対してシステム開発やコンサルティングを提供してきました。

その中で気づいたのが、「新しい」システムやサービスを作るといっても、ユーザー管理・認証機能や決済システムなど「共通している」ものが多いということです。

それならば「共通している」部分をプラットフォームにすれば、もっとたくさんの業種・業態の企業が、サービス開発に挑戦することができ、ひいては、たくさんの人々、そして社会が豊かになるのでは?と考えたのが、Innovation Platformを開発しようと思ったきっかけです。

プラットフォームを使えば、ゼロからクラウドシステム開発をするよりも時間やコストを大幅に短縮できます。つまり、企業はサービスのアイデアを育てたり、内容を検討することに注力できるというわけです。

Innovation Platformを使って開発された「ポルテロサービス」

ポルテロサービスは、利用者のスマートフォンを「鍵」にして、施設や設備を無人で時間貸しできるサービスです。門(ゲート)としての役割に加え、電源コンセントが使える=充電できることが付加価値となっています。

この付加価値により、たとえば、駐車場の入り口にポルテロサービスのゲートを設置してオートキャンプ場のように使ったり、シャワールームや会議室などを有料で貸し出すといったニーズも想定しています。

*合同会社ポルテロHP
https://portero.co.jp/

ポルテロサービスは、IoTデバイスとクラウドサービスからできています。イノベーションプラスでは、ユーザーが利用するアプリなど主にソフト面の開発と、サービス設計や導入のコンサルティングなど全面的な支援をさせていただきました。

また、今回のプロジェクトでは、長野県のAI活用/IoTデバイス事業化・開発センターの支援も得ており、官民一体となりサービス開発を成功させた、すばらしい事例であるといえます。

さらに、長野県からも強力なバックアップと期待をいただいていることから、7月29日には長野県庁にて記者発表することが出来ました。


イノベーションプラスでは、「SaaSサービスを開発して提供したい」「事業をDX化して、サービスとして提供したい」という新規事業を計画する事業者に向けて、独自の知見と経験を「伴走型」サービスという形にして、新規事業を軌道に乗せるまでを一貫してサポートしています。

ご興味をお持ちの方は、ぜひ一度、ご相談ください!

一覧へ戻る